今年の1月から中食産業協会が本格的に始めた日本語クラスを行う工場は11月で14工場になりました。

日本語クラスの様子

日本語クラスの様子

毎週1~2回で、1回約2時間程度の日本語を勉強する機会をベトナム人実習生に提供しています。日本語以外、会員企業の要求に応じて会社のルールなどの説明、落とし込みも行っています。クラスの講師は日本の大学に在籍するベトナム人留学生たちで、ほとんどN1を有する者です。

これからももっと多くの実習生が参加できるように努めて参ります。